FC2ブログ

記事一覧

はてなの翼4

「実は明日が結婚記念日なんですよ」

気づいたら、司と結婚して四半世紀の年月が経とうとしている。

そんなにも長く共に過ごしていたのかと考えさせられる。
(いろんな事があったな…。)

もう四半世紀過ぎるのだと云うことを"村上の親父さん"の奥さんに告げた。

お互いに夫婦として長く連れ添ったことに対して、労(ろう)を労う言葉をかける。

村上夫婦はスピード婚で、出会って半年で結婚したらしい。
デートなんて、あんまりしなかったと言っている。
(レストランこそ行っていたが、あくまでも村上さんの勉強の為だったとか)
わたしたちは、出会ってから六年後に結婚。
付き合った年月こそ長いが、デートらしい普通のデートはほとんどしたことがないと伝えた。

「お若いのにもうそんな年月が経つんですか?わたしたちは今年の九月で漸く三十年なんですから」

「そうなんですね?三十年って何婚式になるんだろ?」
つくしは思わず声に出して尋ねていた。

「そうですね…。何だろう?ちょっとお待ち下さい…」
スマホを取り出して、

「あっ、真珠婚式だそうですよ。奥様たちは銀婚式ですって」

その言葉に頷いた。

…そうなのよね。

娘たちに言われたのよね…。

『何か特別な日じゃないの?』って。
(わたしってば、相変わらずそうゆう記念日に無頓着なのよね…)

明日は夕方にはみんなが揃うのよ。

だから、家族一同みんなでお祝いするって事になっている。


「あっ、それで、銀のレンゲなんですね?」

へっ?

それって、ここのじゃないの?

「相変わらず、粋なことをされますね」

目線を送った先には二人の男たちが話し合っている。
明日のオープンに向けて、開業祝い用のスタンド花の設置場所を話しているのだ。

村上の奥さんはいそいそと厨房に戻る。

「奥様、こちらをお持ち下さい」

持ってきたのは、チャーシューと、メンマのお土産。
そして大層な箱。
(如何にもお高い品が入ってます的な。レンゲだけどね)

村上の奥さんは満面の笑みで手渡してきた。

「つか…」

フゥー
フゥー
ハァーフゥゥー
(つくしの深呼吸)

「ど、ど、道明寺!」

ふぇ~、何だろう?
名前を呼ぶのにこの緊張…。
"牧野つくし"より"道明寺つくし"の方が長く付き合っている状態でそう呼ぶのは…。

恥ずかしい!
恥ずかしすぎるでしょ?!

「牧野、話は終わったか?」

コクコクと首だけを動かし、貰ったお土産を持ち上げる。

あー、やっぱり今日は馬鹿男って呼んでやる!!

「牧野、スゲー顔が紅くなってんの」

スッゴく、とろけるような笑顔でこっちを見ないでくれる?

全く…

幾つだと思ってんの?

子供みたい無邪気な顔をしてさ…。

「奥様たちを見ていると、初々しすぎて、見ていられません」

ハァ~っと、二人で同時に甘いため息が漏れる。

いつの間にか村上夫妻が並んで立っていた。
(スッゴい紅い顔で!!)


わたしたちが車に乗り込むと、村上夫妻は深々と頭を下げた。





「良かっただろ?」

超絶甘い顔でこちらを見てくる馬鹿男。

「ドキドキして新鮮だっただろうが?」

「うん、スッゴくドキドキした…」

って、何言ってんだろ?

しっかりしろ!
道明寺つくし!!

『旦那様があんな笑顔をお見せになるのは、お子様と奥様の前だけなのですよ。いや、奥様の前でだけ本当の笑顔を見せるかもしれません』

そんな事を言われてもね?

危うくこの馬鹿男の笑顔に騙されるところだった。

緩んだ顔を少し引き締める。

「何でこんなことしたの?」

「お前こそ、何かあるのかよ?」

はぁ?
何言ってんだろこの人?
本当の馬鹿だわ…。

チラッと助手席を見ると、拗ねた顔をしている。

「もう、本当に何なの?ちゃんと説明しないと明日の一日中ずっと口を聞かないわよ?」

プイッと少しばかり顔を反らす。
(運転中だから完全には見れないけどさ)

チラッと司を見ると、さらに拗ねたを見せている。


暫くの沈黙。


「あいつらが言ってたからよ…」


やっとこ出てきた言葉があいつら?



あいつら?




あいつらって、どいつらよーーー??!




いろんな人の顔が浮かんでは消えていく…





つくしの中では中年男二人組が頭から離れない。




さてさて、どんなオチでしょうか?





はい、まだまだ"なてなの翼"は羽ばたいてますよ~。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えりりん

Author:えりりん
ようこそ、おいでくださいました。

ここは、「花より男子」の二次小説置き場です。

つくしと司のその後の未来を、勝手に妄想して、こんなだったら……♥️

等と、妄想に妄想を重ねたブログです。

よろしければ、覗いて見てくださいませ。

ただし、素人の勝手な思い込みで書いております。

皆様のお考えと異なる事があるかと思われますが、ご了承くださいませ。

原作様の神尾様には、素敵な作品をこの世に送り出して頂いて、本当にありがたく思っています。

えりりんの妄想で少しでも楽しんで頂けたらなと思っております。



出版社様、原作様とは、一切関係はありません。




PVアクセスランキング にほんブログ村