FC2ブログ

記事一覧

ひな祭りは麗らかに4

やっと会えた…。


しかも、ここかよ…。


プライベートルームのソファーに腰掛け、自身でコーヒーを淹れていた。

黒のスキニーパンツにボア付きのグレーのパーカー。

何か作業するときに着ている定番のスタイル。
(プライベートルームでは、つくしはこの格好が多い。色違いを何枚か持っている)

日本のアパレルメーカーで、SPA(製造小売)の形式を確立した企業。
企画から製造、小売までを一貫して行い、リーズナブルな価格で提供を続けている。

その格好ってことは、家でまったりと過ごします。言葉はなくとも宣言していると同じ事。

それとも何かする気なのか?

腕をまくり、少し口を尖らせ始めた。
「あなた、何処へ行ってたの?探したのよ?」

かれこれ三十分ほど、愛する妻を探して、邸の中や、庭を歩き回った。

いくら探しても見つからないので、原点に帰るべく、俺たちのプライベートルームに戻ってきた。

その結果が、この一言でぶった切られた。

こっちも自然に片眉があがる。
「あのなー?それを言いたいのはこっちだ。お前こそ、何処に行ってた?」

「雛人形を仕舞ってある収納庫よ。あれ?昨日あたし言ってたわよね?雛人形、どうしようか?って」

あぁ、間違いなく言ってた。

どうしようか?ってな。

だが、結論が出ないで、その話は終わったんじゃねぇのか?

「それで、収納庫に行ったら、箱ものが多いし、運ぶのを手伝って貰おうかと、ここに戻ったら、いないんだもん」

少し、頬を膨らませて、睨んでくる。

本当に幾つになっても可愛いって…

もはや、犯罪だろ?

「親王雛の殿と姫だけ飾ろうか?って、昨日は言っていたじゃねーか?違うのか?」
「飾ろうかな?でしょ?確定ではなくて、提案したの」


結婚してわかったこと。


女の話のこの"?"、"ほぼ確定した事案"として会話の中に登場するが、たまにだが、本当に相手に"尋ねる時に用いた事"になることもある。

今回は後者の意味になったらしい。

娘たちも大きくなるにつれて、同じような会話をしてくる。
不思議と女同士だと、変更があっても柔軟に対応しているように感じる。

「で?やっぱり全部飾ることにしたってか?」
「うん、何かね…。三十五年間も飾り続けたらね、他のお雛様たちも出してあげないと、可哀想だよねって、思っちゃって…。それにこの邸に訪れた人たちも、この時期に飾ってあるのが、もはや普通になっているかな~なんて、思ったり」

つくしはそう言いながら、でも、そうしたら来年も全部飾ることになるよね?

「う~ん、どうしょうか?」と、また"?"付きの会話を始めた。

八段飾りで、一つ一つの小物にしても、丁寧に包装して仕舞ってある。
雛人形の数も、内裏雛の二体を除いても、十六体もあるのだ。
出すのも大仕事だが、仕舞うのも大仕事。


使用人にさせりゃいいだろ?


この言葉で、この会話を終わらせようとした日には、今日という麗らかな休日が、無くなるのは目に見えているだろ?


結婚生活も長いからな。


学習してんの。




今年も梅の開花が早かった。

雛壇の前につくしが梅の花を生ける。

勿論、枝は俺が調達する。



三女のうららの結婚が昨年に行われた。



三姉妹の中で一番結婚から遠退くのでは?

もしかしたら、一生、道明寺でいることの確率が高いかもしれないな。

勝手に思い込んでいた。

「麗らかな日って、まさに今日のような日をいうのよね?空が晴れて、日が柔らかくのどかに照っていてさ」

つくしは声が晴れ晴れとして、いかにも楽しいと云わんばかりだ。

「何だよ?何か良いことあんのか?」
「ラインで連絡が入ってね。うちの三姉妹が揃うらしいのよ」


クスクス


「何だよ?」
「スッゴく優しい、いい顔になった。娘が来るって、凄いパワーなのね」

また、クスクス笑い始めた。

「アイツらだけなんだろう?」
「へっ?そんなわけないでしょ?我らが可愛い孫たちと、義理の息子たちも一緒よ?」

あぁー、忙しくなるわね。
楽しみだわ~。
ニコニコしながら、笑いかけてくる。

使用人たちに到着する時間を告げて、料理等のメニュー等を考え始めている。




お前だけだよ。本当の意味での麗らかになっているのは。


麗らかの意味って、知っているか?


心にわだかまりがなく、おっとりしている様子


この意味を含むんだぜ?
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

Re: ふ〇〇〇〇〇〇〇〇様

お越し頂いてありがとうございます( 〃▽〃)

そうなんですよ。

その通りなんです。

月日の移り変わりの切なさと嬉しさみたいなものとか、『妻のトリセツ』とか。

えりりんの言いたかったことを完璧に消化してくださっております。

あ〰️、頂いたコメントを皆様にもお見せした~い
(*≧∀≦*)

また遊びに来てくださいませ~❤️

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えりりん

Author:えりりん
ようこそ、おいでくださいました。

ここは、「花より男子」の二次小説置き場です。

つくしと司のその後の未来を、勝手に妄想して、こんなだったら……♥️

等と、妄想に妄想を重ねたブログです。

よろしければ、覗いて見てくださいませ。

ただし、素人の勝手な思い込みで書いております。

皆様のお考えと異なる事があるかと思われますが、ご了承くださいませ。

原作様の神尾様には、素敵な作品をこの世に送り出して頂いて、本当にありがたく思っています。

えりりんの妄想で少しでも楽しんで頂けたらなと思っております。



出版社様、原作様とは、一切関係はありません。




PVアクセスランキング にほんブログ村