FC2ブログ

記事一覧

ポテトサラダ効果(中編)

一昨日の昼休み、浅井たちのグループに絡まれていると道明寺が来て、
『お前ら、何してる?こいつに気安く話しかけてんじゃねぇ』
そう言って追い返した。

コイツのお陰で、今こんな扱いを同級生から受けていると思ったら、腹がたって仕方なかった。

無視して、その場を去ろうとしたら、
『ありがとうの一言もないのか?』
平然と言ってくる大馬鹿者にムカムカして仕方なかったけど、早くこの場から立ち去りたいあたしは、
『どーも、ありがとうございました!』
と、かなり投げ槍に言い放った。

『お・れ・い。御礼は?』

まだ何か言ってくるアホ男。

無視無視。

『しゃね~な。牧野、お前日曜日空いてるか?俺様への御礼として、特別に俺様のパートナーを務めろよ。道明寺家のパーティーだぞ。ありがたいだろ?』

本当にバカなのね…。

週末はこのバカ男の顔を見たくない。

『あぁ~、ざ・ん・ね・ん!生憎、日曜日はう・ち・もパーティーなんで!出席出来かねます!』

ふんっ!!

何であたしがそんな所に行かなきゃな訳?そう思った。



あの時、道明寺は少し悲しそうな顔をしていたっけ。


右斜め上を見る。

道明寺の顔。

楽しそうにしているのが分かる。

そうゆう無邪気な顔を見せないでよ…

本当、やめてよ…



「ママ~、南蛮海老も今日食べるの?」
あたしはこの空気感に耐えられなくなって、思わずママを呼んだ。

後ろを振り返ってみても、隣の部屋を覗いてみても誰もいない。

「ママ?パパ?」

つい先程までいた両親は忽然と姿を消していた。



テーブに紙が置いてある。
『若い二人でゆっくりと』そう書いてある。

はぁぁぁ??

あたしが、またダンダンと足を踏み鳴らしていると、道明寺がテーブルに合ったもう一枚の紙を拾い上げて、
「ウソよ~~ん。飲み物買って来るね。パパとパパの日デートしてくる by千恵子
だってよ。お前ん家の家族って、本当におもしれ~な」

スッゴく可笑しそうに笑っている。

それでいて、本当に綺麗に笑う。

それに、学校では、こんなに笑っていない気がする…



ボーっとして皮を剥いていたら、皮とジャガイモの間に茹でた残り湯が溜まっているのに気が付かなかった。

「あちっ」

あたしがそう言った瞬間、本当に何が起こったのか、分かんなくなった。

パクっ

あたしの右手の人差し指は道明寺の唇に咥えられていた。




「ただいまーーンモス!モスクワ~、ロシア:~!」
ただいまの挨拶(?)と共に、勢いよく玄関の扉が開く。


のわ?!わわわワワワーーーーー??!


あたしたちの姿を見て、叫び声が上がる。




す、進?!!




玄関に立つ進と、あたしの指を咥えている道明寺を交互に見る。




ひ、ひえええエエエーーーーー!!!






その後のことは想像出来るよね?
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えりりん

Author:えりりん
ようこそ、おいでくださいました。

ここは、「花より男子」の二次小説置き場です。

つくしと司のその後の未来を、勝手に妄想して、こんなだったら……♥️

等と、妄想に妄想を重ねたブログです。

よろしければ、覗いて見てくださいませ。

ただし、素人の勝手な思い込みで書いております。

皆様のお考えと異なる事があるかと思われますが、ご了承くださいませ。

原作様の神尾様には、素敵な作品をこの世に送り出して頂いて、本当にありがたく思っています。

えりりんの妄想で少しでも楽しんで頂けたらなと思っております。



出版社様、原作様とは、一切関係はありません。




PVアクセスランキング にほんブログ村