FC2ブログ

記事一覧

願い事9

「 おい、牧野!」
少しイライラしながらつくしを呼ぶ司。

「「「はっ、はい!」」」
牧野家の皆が一同に返事を返す。
(つくし以外)

「あっ、いや…その…。親父さんたちではなくて…。その…、つ、つ、つく、つく…」

司は、『つくし』と名前で呼ぶこと自体が"平常時"ではまだない為に極度に緊張が走るのだ。
(しかも、名前を呼ぶときは"あの時"だけな為、先程の情事を呼び起こして、さらに緊張しているのだ)

「はぁ?何?つくつくつくつくってさ?!あたしの事を呼んでるわけ?何よ?!」

「ま、牧野。いや、つ、つく…。ぬあぁぁ!大体、な、な、何でそこにいんだよ!」

「スミマセン….。隣が俺で…」
進は司のその言葉になぜか小さく謝ってしまっていた。
(司とつくしには聞こえてない)

「いいでしょ?!悪い?」
つくしは最後尾から声をあげた。

車の前方と後方で繰り広げようとしている口論に挟まれている千恵子と晴男は、いたたまれずに口を挟んだ。

「つくしの事を名前で呼ぶに呼べないだなんて、ウブよね~?パパ?はぁ~、な~んて、好青年なのかしらね?」

「そうだね~。手を繋ぐのも恥ずかしい。な~んてね?助手席で、手くらい握ってもいいのにねぇ?ママ?」

ダンダンダンダン

その言葉に、寝転びながら地団駄を踏むつくし。


はぁ?

何がウブよ!何が好青年よ?!

騙されないでよね!

『青』は『性』の間違いでしょうが?!

頭の中で漢字に変換すると、さらに辱しめを受けてる気がして、シートの上で転がる。

この深緑ののどかな青空の下で、その男にお、お、犯されそうになってんの?!
(最後までは行ってないようですね?)

あたしもあたしで、頭があっちの方向に向いてるって…。

はあっ
はあっ、
はあっ…

狭い、狭い、狭いー!!

全く、全く、全くーー!!!

車内の狭い空間に、両親と弟がいて、そこに遠距離恋愛中の彼氏がいるのよ?

空気が濃すぎて、窒息しそうよ!!

しかも未遂とはいえ、つい30分前に繰り広げられた事を客観的に見ようとすればするほど、ハレンチ極まりなく、つくしは罪悪感と妙な辱しめに苦悩している。

「親父さん、実は、車の中で手は繋がせてもらいました…」

いきなり、両親にトンネル内での事を報告し始める司に、慌てるつくし。

「ば、馬鹿じゃないの?!そ、そんな事、報告しなくていいの!」

「お、お前が、そんなとこにいるからだなー?!」

「うっさいわねぇ!少しお腹いっぱいだから、昼御飯が食べられるように休憩してただけでしょ?。文句ある?!」

「はぁ…。お前さ…。なんだよ、よりによってその言い訳?本気で食うのかよ?」

絶対に取って付けた嘘だと、信じて疑わない司は、"つくし地雷"を完全に踏みつけてしまった。

「はぁ?今、嘘を言ってると思ってるのね?!」

ほんの少し(?)後ろめたい気持ちはあるものの、つくしの言ってることに嘘はない。

「うちの家族は、み・ん・な・た・べ・る・気・で・す・け・ど?それが何か?」

びっくりして助手席を見る司。
(助手席には頬を染めてる進)


あははははは…


牧野家の渇いた笑いが起こる。
(つくし以外)

あまりの事実に固まりそうになる司を進が止める。
「道明寺さん、しっかりと運転しましょうか?ねっ?」

「あっ?!さすが、道明寺さんは繊細に出来てるからね~?オーホホホホ」
「ほ、本当だよね~?ママ?」
「凄いわよね~?イケメンでウブで好青年で繊細よ~?」

「はぁーーー!!ウブで好青年で繊細な訳ないでしょうがーーー!!この男はね、この男は…、あぁぁ、もういい!!」

イケメンは否定しないつくし。

「道明寺、言っとくけどね?うちの家族は朝からお昼はあそこで食べようね。って、決めていたところがあるんだからね?朝から、決定してるの?絶対に行くからね!!」

「マ、マジか…?」

思い起こせば、朝から食べ物ばかりを買って、胃袋を満たしているこの家族。

司は、恐る恐る横目で進を見る。

「うん?マ、マジかー?!」

頬を紅くして、照れてる進の姿。
愛する恋人のつくしの表情によく似ていた。


いろんな意味で、頭の中が処理できない司。

「ど、道明寺さん?お気を確かに…。安全に進みましょう。安全に。あははははは」

進の笑いに牧野家がつられて笑う。
(つくし以外)



あははははは



お昼はラーメンよ!ラーメン!

新潟って云ったら、ラーメンですから~!!


牧野家の笑い声をBGMにつくしが高らかに宣言した。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えりりん

Author:えりりん
ようこそ、おいでくださいました。

ここは、「花より男子」の二次小説置き場です。

つくしと司のその後の未来を、勝手に妄想して、こんなだったら……♥️

等と、妄想に妄想を重ねたブログです。

よろしければ、覗いて見てくださいませ。

ただし、素人の勝手な思い込みで書いております。

皆様のお考えと異なる事があるかと思われますが、ご了承くださいませ。

原作様の神尾様には、素敵な作品をこの世に送り出して頂いて、本当にありがたく思っています。

えりりんの妄想で少しでも楽しんで頂けたらなと思っております。



出版社様、原作様とは、一切関係はありません。




PVアクセスランキング にほんブログ村