FC2ブログ

記事一覧

悪友と親友1

逢いたい…逢いたい…逢いたい…あ~っ、逢いてぇものすんげー逢いてぇはぁ、何時になったら解放されんだ…違うか…何時になったら、成果が出るんだ?思わず拳を自身のデスクに打ち付ける。鏡のように磨きあげられた机に映る自身の顔を見て、思わず自嘲気味に笑ってしまった。疲労と焦燥感に埋もれているのだから、仕方がない。それでも昼間は、何とか自身を鼓舞させ、"いつもの道明寺司"を演じきれている。絶対に弱味なんて見せるもの...

続きを読む

悪友と親友2

最後にあった夜、どんな会話をして別れたっけ?またないってらっしゃいあぁ早く行きなよわかってるよじゃあねいい子にしてろよ何よそれまたなたぶん、何時もと同じ…もっと、心に残るような言葉を掛ければ良かったのかな…?あたしの事を、ちゃんと思い出してくれてるのかな…?このまま会えなくなるのかな…?何年、こうして待つことが出来るんだろう?待っていても…いいのだろうか? みんな優しいなぁ…素直になれないあたしの心の中...

続きを読む

悪友と親友3

ソファーにゆったりと腰を掛けてグラスを傾ける眉目秀麗な男たち。彼らが座ってるだけでその場の空気が甘くなる。その一人は、少し口角が上がっており、目尻も少し下がっているためか、如何にも"優しい人"と思わせるような雰囲気を醸し出している。その"優しい人"である美作あきらは、この数日の激務を熱く語っていた。「はぁ~、お前らは俺と同じようにやれるか?」あきらは、何時もの柔和な顔を、少しばかり厳つく変化させて、目...

続きを読む

悪友と親友4

こちら同じフロアのダイニングスペースに集まっている、乙女たちT4のメンバー。相変わらずの急な集合命令にも関わらず、よくみんな集まれたもんだ。みんながお土産持参で来てくれる。有り難い。あたしが出すオツマミっていったら…ね~?「みんな、何か久しぶりだね」つくしは、ぐるっと室内を見渡す。隣のリビングのソファでは、あきらが熱く語っている。「本当にそうですわね。これだけの人数が集まるのは滅多にないですものね」...

続きを読む

悪友と親友5

か、体が動かない…「…牧野、牧野大丈夫か?顔色悪いぞ」あきらが俺が出るからと、つくしを手で制した。あきらはインターホンに映る姿を確認する。「秘書だわ」「えっ?出るの?美作さん? ヤダ…」つくしの青ざめた表情に、あきらはただ事ではないと感じた。「…牧野、どうした?」ピンボーンピンポーン「出てくるぞ」そう言うと、あきらはリビングの扉を開けた。「ま、待ってあたしも」つくしはよろよろと椅子から立ち上がって、あ...

続きを読む

プロフィール

えりりん

Author:えりりん
ようこそ、おいでくださいました。

ここは、「花より男子」の二次小説置き場です。

つくしと司のその後の未来を、勝手に妄想して、こんなだったら……♥️

等と、妄想に妄想を重ねたブログです。

よろしければ、覗いて見てくださいませ。

ただし、素人の勝手な思い込みで書いております。

皆様のお考えと異なる事があるかと思われますが、ご了承くださいませ。

原作様の神尾様には、素敵な作品をこの世に送り出して頂いて、本当にありがたく思っています。

えりりんの妄想で少しでも楽しんで頂けたらなと思っております。



出版社様、原作様とは、一切関係はありません。




PVアクセスランキング にほんブログ村